top of page

いつでもどこでも
​だれでも学べる市民大学

 Civil Academia Institute

2spn.jpg

過去に学び現在を知り未来を考える市民講座

人生100年時代のすべての人に新しい発見のある学びの場を提供します。

ポストコロナ時代の新しい社会人教育の専門機関を目指します。

人口減少や高齢化などの地域課題に携わる中核人材の育成を図ります。

icon.png

​最新講座内容

Course content

2023年度 Webシンポジウム「高齢者と金融取引の現代的課題」

「高齢者と金融取引の現代的課題-知っておきたい備えのための財産管理と金融サービス」をテーマにどなたでも参加できるWebシンポジウムを開催します。高齢者や意思能力、身体能力の減退により十分な金融サービスを享受できない場合、また、成年後見制度や信託制度を用いた多くの金融商品・サービスが検討、提供されてきています。このシンポジウムでは最新の金融動向を制度面、実務面から研究者、実務家、顧客の立場から多角的に議論します。

■日時:2024年3月17日(日)

       13時から16時

■定員:各会90名

■形式:オンライン講座​

*上記日時にご都合つかない方も、

後日後追い配信でお好きな時間帯に

視聴できます。

高齢者と金融チラシ(表).jpg

受講費:無料

   2023年度Web講座   「箱根駅伝の誕生とスポーツ人物伝」

大正9(1920)年の第1回東京箱根間関東大学駅伝競走から1世紀を経て2024年には第100回大会を迎える「箱根駅伝」の歴史をたどる講座。箱根駅伝誕生の時代的背景や大正期の陸上競技スポーツ史を考察する。講義テーマを当時の箱根駅伝の創成期に関わった人物に焦点をあてて、スポーツ史的な視点から100回記念大会の意義を考えてみたい。

■日時:2024年2月3日(土)

                        2月10日(土)

   いづれも13時~16時半まで

■定員:各会90名

■形式:オンライン講座​

*上記日時にご都合つかない方も、

後日後追い配信でお好きな時間帯に

視聴できます。

*現在はオンデマンド視聴のみを

  受け付けています。

箱根駅伝チラシ案(表).png

受講費:¥3,000(お一人様全6回・含む教材費)​​

2023年度Web講座「吾妻鏡を読み解く -史料から学ぶ鎌倉時代史-」

本講座では、歴史史料としての『吾妻鏡』から鎌倉時代を俯瞰するとともに、その編纂の経緯やその性格などを多角的に考察します。歴史史料は、私たちが歴史を学ぶためのひとつのヒントになることを考える講座です。講師は昨年に引き続き、鎌倉中世史がご専門の高橋慎一朗東京大学史料編纂所教授が担当されます。

■日時:2023年11月11日(土)

       ・11月18日(土)

​        14時より

■定員:各会90名

■形式:オンライン講座​

*上記日時にご都合つかない方も、

後日後追い配信でお好きな時間帯に

視聴できます。

*現在はオンデマンド視聴のみを

  受け付けています。

吾妻鏡を読む(表).png

受講費:¥4,400(お一人様全4回)

icon.png

最新情報

What's New

bottom of page